鳥月亭
地元河川敷を中心に、季節の野鳥を紹介します。 天体関係の記事はリンクの「ベランダ観測所」に引っ越しました。
ヨーロッパビンズイ/飛島探鳥 その2
 飛島初日、5/2は夕方着なので、2時間半ほどの探鳥でした。しかし出会った順の紹介なので、いきなり今回一番珍しかったかな? と思えるヨーロッパビンズイさんの登場。もちろん、初見、初撮りです。
PL090506-12
 初日、翌日と同じ場所で良く出てくれたので、最終日の3日目は探しもしなくなりました。
PL090506-14
 その上、この子は愛想が良くて人を恐がらず、3mくらいまで近づいて撮影しておられる方もいらっしゃいました。
PL090506-13
 しかし、ビンズイとどこが違うの? という事で、同じく飛島で撮影したビンズイさんと比較。ビンズイは全体に緑色味があり、眉斑が白く、目の後方にも白い斑点があるのに対して、ヨーロッパビンズイは緑色味がなく、眉斑や目の後方の斑点も目立ちません。
PL090506-16
 だったらタヒバリじゃん、という事で、地元淀川で撮影したタヒバリさんと比較。タヒバリとの最も大きな差は、ヨーロッパビンズイでは、背中の暗色縦筋が目立つ事かな。
PL090506-17
 という事で、再度ヨーロッパビンズイさん。もっとも、教えて貰ったから分かったので、自分だけなら、タヒバリと思ったでしょうけどね(笑)。
PL090506-11
 この他初日は、オオルリ、キビタキ、クロツグミなど、三十数種の鳥達に会うことが出来ました。

機 材 : 1、3~6コマ目 Leica APO-TELEVID62 + KOWA TSE-9WD + Panasonic DMC-FX150
      2コマ目     OLYMPUS E-510 + ZUIKO ED 50-200mm F2.8-3.5SWD + EC-14 手持ち
撮影地 : 1~4、6コマ目 山形県酒田市飛島 写真はクリックで大きく(800×600)なります。
      5コマ目      淀川枚方地区 写真はクリックで大きく(800×600)なります。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真



プロフィール

ぎん

Author:ぎん
自宅から徒歩でも行ける河川敷を中心に、スコープを担いでの野鳥写真の撮り歩きに嵌っています。写真はクリックで少し大きくなります。更新は原則週末です。

鳥撮りの方針
・撮影のための餌付けはしない
・餌付け中現場での撮影はしない
・なるべく徒歩で、道路をはずれず
・鳥を追いかけるのは、ほどほどに
・珍鳥情報に踊らされない
・マナーを守って、楽しく探鳥



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する