鳥月亭
地元河川敷を中心に、季節の野鳥を紹介します。 天体関係の記事はリンクの「ベランダ観測所」に引っ越しました。
セキセイインコ / OM-D E-M5購入、オリンパス回帰?
 野鳥撮影のサブに使用しているPanaのDMC-GH2ですが、使用開始後2年ほど経過して、そろそろ買い換えたくなってきました。しかし発表された後継機のGH3は、機能的には申し分なさそうなのですが、大きく、重くなるらしく、荷物を少しでも軽くしたい私には向かないようです。かといってG5だと、格落ちの感じもします。
 で結局、レンズが共用出来るという事で、結構評判の良いOlyのOM-D E-M5を購入してしまいました。Oly機としてはE620以来ですが、学生時代にアルバイトをしたお金で初めて買った一眼レフがOM-1であり、その後OM-2を買い増しして現在も所有している記憶が、ものを言った感じです。まんまとOlyの戦略に乗せられたという事でもありますが・・・。
 E-M5にPanaの100-300mmを装着して、最初に鳥撮りに連れて行ったのは9月22日。この写真はその時に撮影したものです。至近距離での撮影。篭脱けでしょうけれど、河川敷でセキセイインコを見たのは初めてです。
120922-11
 さてE-M5は、GH2と比べてもコンパクトだし、連写は早いし、ツインダイヤルがGH2のプッシュ式1ダイヤルより使い良いのですが、画質については、格別良いとも感じません。五十歩百歩というか、場合によってはGH2の方が良いように感じるときも・・・。
120922-12
 その後、9月27日、10月7日と試用しましたが、10月7日にコシアカツバメの飛翔を狙ったところ、AFではピントが全く合わず、全滅でした。GH2でも、もちろん難しいのですが、10月14日掲載の写真からも明らかなように、全滅という事はないので・・・。一眼をサブとする理由は、猛禽の飛び出し等がデジスコでは撮影困難なためですから、GH2をE-M5で置き換えるのは、チョットという感じです。ただし、E-M5が気に入らなかった訳ではないので、当面は普段撮りにE-M5、野鳥用にGH2という事になりそうです。
 さて、セキセイインコですが、その後河川敷で10月7日にも見かけました。こちらは遠かったのでデジスコで撮影ですが、9月22日の青い個体とは異なる黄色い個体。万一繁殖して増えたりすると、問題となるかも知れません・・・。
120922-14
機 材 : 1-2コマ目 Olympus OM-D E-M5 + LUMIX G VARIO 100-300mm F4.0-5.6 手持ち
     3コマ目    SWAROVSKI STM-80HD + 25-50×W Zoom + 1 NIKKOR VR 10-30mm + Nikon 1 V1
撮影地 : 地元河川敷 写真はクリックで大きくなります。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真



プロフィール

ぎん

Author:ぎん
自宅から徒歩でも行ける河川敷を中心に、スコープを担いでの野鳥写真の撮り歩きに嵌っています。写真はクリックで少し大きくなります。更新は原則週末です。

鳥撮りの方針
・撮影のための餌付けはしない
・餌付け中現場での撮影はしない
・なるべく徒歩で、道路をはずれず
・鳥を追いかけるのは、ほどほどに
・珍鳥情報に踊らされない
・マナーを守って、楽しく探鳥



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する