鳥月亭
地元河川敷を中心に、季節の野鳥を紹介します。 天体関係の記事はリンクの「ベランダ観測所」に引っ越しました。
台北探鳥(その3) 三日目後半大安森林公園と四日目早朝植物園
 芝山岩公園で目的のヤマムスメに一応会え、MRTの芝山駅へ戻りましたが、まだ時間はあるので、もう一箇所という事になり、同じMRT淡水線の大安森林公園に向かいました。
 この公園は、その名称からうっそうとした森でもあるのかなと期待していましたが、街中としては大き目で、樹木も多いとはいうものの、明るい都市公園。公園の北端に木のよく茂った島のある池があり、ここにはサギ類やバン、タイワンオナガなどがいました。島にシロハラクイナがいるのを家内が見つけてくれましたが、すぐに隠れて写真はとれず、散歩する人も多く、あんまり野鳥は見れそうもない感じだったので、ここまで何度も見かけながら、まともに写真を撮れていなかったカノコバトさんを撮影。

 首元の鹿の子模様が綺麗です。
141231-12.jpg
 この日は天気が良く、気温も上がって暑いくらいになり、朝から歩き回って家内も疲れてきたようで、そろそろ探鳥は終わりにしようかと帰りかけたとき、猛禽を発見! 初めてデジスコ活躍です。
141231-13.jpg
 ピンポイントでしか見えない位置で撮影していると、こちらを向いて睨まれました。しかし悲しいかな、種が分かりません。タイワンオオタカ幼鳥としておこうと思います。思い出してみれば、この日は2014年の大晦日。最後に猛禽を見れたので、2014年の探鳥は、これでお終いとしました。
141231-14.jpg
 翌朝4日目は2015年元旦。この日は帰国日で、午前中に空港へ移動するため、朝の内しか時間がありません。早朝から開いている植物園へMRTで向かいました。
 台北の公園はどこでもそうでしたが、植物園も早朝から散歩の人が多く、また園内の一部の場所は8:30にならないと入れませんでした。ここではおなじみになったシロガシラ、タイワンオナガにカササギ等を見ましたが、特段の出会いはなく、クロヒヨドリが良い位置にとまってくれたので、撮影。
150101-04.jpg
 それとシロハラクイナ。石垣島で見ていますが、この子は良くなれているのか、至近距離でも逃げません。
150101-02.jpg
 全般に、台北の都市部で見かける野鳥は、近くで撮影できる場合が多いようです。
150101-03.jpg
 そろそろホテルへ戻る時刻になって、ようやく鳥さんの動きが多くなりましたが、見たのはシロハラ、ツグミ、キレキレイくらいで、2015年初の鳥見はお終いとしました。
 結局、三泊四日とはいえ、探鳥時間は合計でも10時間にもならず、見た鳥さんも30種ほどでしたが、初見の鳥が9種(カノコバト、タイワンオナガ、オウチュウ、クロヒヨドリ、ゴシキドリ、クロエリヒタキ、ヒメマルハシ?、ヤマムスメ、タイワンオオタカ?)、また日本で余り見られない鳥として、ズグロミゾゴイやシロガシラ、シロハラクイナを至近距離で見れたので、楽しめました。今回は台北都市部の公園のみで、台湾の普通種の一部を見ただけでしたが、山間部には綺麗な小鳥達が多いようなので、またいつの日か、探鳥旅行で訪れたいと思います。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

台北探鳥(その2) 三日目前半 芝山岩公園
 台北三日目、この日は終日自由行動なので、出来るだけ鳥見をする事にしました。日本にいる時から、ヤマムスメは見たいねと家内と話していたので、見れそうな場所を少し調べると、市街地にも来てくれる事もあるようですが、少し山あいに入った方が会える確率が高いようです。それで陽明山も考えましたが、結局MRTだけで行ける、麓の芝山岩公園に行くことに決めました。とはいえ、芝山岩公園はMRT芝山駅の東1kmほどの場所いある、以外の情報はありませんが・・・。
 朝6時、まだ暗いうちにホテルを出発し、最寄の台北駅から淡水線で綺麗な夜明けを眺めながら7つ目の芝山駅へ。駅から公園へは徒歩10分ほどですが、案内表示もあり、電線にとまるタイワンオナガなど見ながら、朝7時、迷うことなく公園西南角の入り口に着きました。
 芝山岩公園は、山というより小さな丘程度の規模ですが、木も良く茂って、期待が持てそうです。その入り口での出迎えは、またまたズグロミゾゴイさん。この子も近寄っても逃げません。

 さて公園を登り始めます。最初は石段ですが、勾配は緩やか。遊歩道も良く整備されていて歩きやすく、町並みを見渡せる広場もありました。しかし肝心の鳥さんの方は、緑が濃くて、声ばかり。なかなか姿を捉えられません。何とか初見・初撮りのクロヒヨドリさんだけは撮影。
141231-02.jpg
 早朝というのに歩いている人も多く、結局他にはメジロやゴイサギを見たぐらいで、南半分をぐるっと回って、元の入り口へ戻ってしまいました。ところがここで、何とゴシキチョウに出会いました。残念ながら、はっきりお顔を写せないまま、飛ばれてしまいましたけど・・・。
141231-03.jpg
 これで気を良くして、今度は公園の裾を、まだ見ていない北側へ向かって時計回りに歩きます。その途中で、タイワンオナガが良い位置に・・・肝心の尾が写っていませんけど・・・。
141231-04.jpg
 しばらく歩くと、芝山文化生態緑園という施設の入り口に着きました。ここは有料ですが、園内には池があり、入り口の看板には野鳥の絵もかかっていて、入る事に。しかし9時の開園まで1時間ほどあったので、再び北側から山に登ります。夜が明けてしばらくたって、鳥の声はいっそう賑やかになり、山頂?付近でタイワンオナガの群れに出会いました。この子が結構良い声で囀ります。
141231-05.jpg
 同じ場所で少し待っていると、ヒメマルハシらしき鳥さんが・・・。
141231-06.jpg
 さらにクロエリヒタキさん。ブルーがとても綺麗です。どちらももちろん、初見・初撮り。この日はデジスコも持ち歩いていましたが、遊歩道でよく人が通るので、三脚を立てるのが憚られ、GX7+100-300mmのみで、大きく撮ることが出来ないのが残念でした。
141231-07.jpg
  他にも鳥さんがいたように思いますが、逆光だったりで確認できず、9時になったので、芝山文化生態緑園の入り口に戻ると、ここで園内の木にヤマムスメが・・・。興奮して園内に入ります。
141231-08.jpg
 さほど広くない園内ですが、最初はヤマムスメに会えません。ここでは、売店のおばさんとの筆談でのエピソードや、最初は中国語で話しかけてこられた現地のご夫婦(親子?)との片言英会話のエピソードなどがありましたが、長くなるので省略。結果的には、このご夫婦?のおかげで、ヤマムスメに会えました。
141231-09.jpg
 実は園内には、いろんな鳥が飼われている場所があり、その鳥達への給餌のおこぼれを狙って、野鳥のヤマムスメ達も来ていたのでした。美しい鳥さんですが、行動はカラスに似ていて、やや野鳥味の少ない出会いとなりました。 
141231-10.jpg
 しかし会えないよりは、はるかに良いし、また台湾に会いにくる動機になります。一応満足して、ご夫婦?に挨拶し、10時、芝山岩公園を後にしました。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

台北探鳥(その1) 初日、二日目早朝散歩と観光時々探鳥
 あっという間に10日間のお正月休みも最終日となりました。このお休みは、12/29-1/1と、3泊4日で家内と台湾の台北へ旅行に出かけました。探鳥ツアーではなく、観光もついた普通のツアーですが、朝の散歩の時間と、三日目の自由行動の日に少し探鳥しましたので、三回に分け、日本では見られない鳥、見る機会の少ない鳥の写真を掲載して、探鳥記とします。
 初日は、ほぼ移動のみで、台北のホテル着は夕刻だったので、移動中にドバトが飛ぶのを見た程度でした。二日目は早朝、まだ薄暗い内にホテルを出て、徒歩5分ほどの距離にあるニニ八和平公園へ散歩に出かけました。この公園は北の端に小さな池がいくつかあり、ゴイサギ、バン、カワセミなどがいましたが、その近くにこんな子もいました。ズグロミゾゴイの幼鳥です。
141230-01.jpg
 ズグロミゾゴイは石垣島で何度か見ていますが、それなりに警戒心がありました。この子はすぐ近くでも逃げず、とても可愛かったです。
141230-02.jpg
 次に出会ったのは、カノコバトさん。初見・初撮りです。しかしこの時はブレ写真ばかりでした。
141230-03.jpg
 一旦ホテルに戻って朝食をとった後、再び公園に戻りました。明るくなり、あちこちから小鳥の囀りが聞こえてきますが、早朝から公園を散歩する人も多くなります。しかしシロガシラさんだけは数も多く、撮影できました。
141230-04.jpg
 シロガシラも石垣島で撮影済みですが、数が違います。今回の旅行で最も良く見かけた鳥さんのように思います。
141230-05.jpg
他にはメジロ等を見て、市内観光の出発の時刻が近づき、公園を後にしました。
 さて、8時過ぎよりツアーガイドさんの案内で、マイクロバスで市内観光へ出発しますが、観光地でも珍しい鳥さんがいれば探鳥です。最初に訪れた中正紀念堂で、早速ズグロミゾゴイの成鳥に出会いました。この子も数mの至近距離まで近寄っても逃げません。私が写真など撮っていると、同乗のツアー客の方々も近寄ってきて、眺めたり、写真を撮ったり。私達を含めて7人の小規模のツアーのためか、ガイドさんも怒ることなく、結構自由がききました。

 同じ場所でタイワンオナガを木の上に発見。ちょっと距離がありましたが、初見・初撮りでした。
141230-12.jpg
 また同じ場所で、カササギ。この時は望遠レンズに換える前に飛ばれてしまい、残念でした。
141230-13.jpg
 移動して忠烈祠で衛兵の交代を自由見学中に、オウチュウを発見。これも初見・初撮りです。
141230-14.jpg
 観光客は皆、衛兵の交代を撮影しているのに、一人望遠レンズで別の場所を狙う変な日本人になってしまいました。ここでは、他にモズを見ましたが、種類を識別出来ない内にとばれてしまいました。
141230-15.jpg
 この後昼食をとり、午後からは故宮博物院などを観光しましたが、特に鳥さんには出会わず、夕刻ホテル着。それでも観光のついでに初見を含む何種類かの鳥さんにも会えて、満足の一日でした。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

ケアンズ探鳥四日目最終日(最終回)
 とうとう四日目、最終日、曇り空。この日は昼頃の飛行機で日本に帰るため、探鳥は朝方の3時間半ばかり。市街地の植物園とその周辺で探鳥です。オーストラリアクロトキ。
121130-オーストラリアクロトキ
 シロガシラツクシガモ。
121130-シロガシラツクシガモ
 カササギガン。
121130-カササギガン2
 オーストラリアヘラサギ。目の上に黄色、額に赤色があるところが、普通のヘラサギと違います。
121130-オーストラリアヘラサギ2
 トサカハゲミツスイ。
121130-トサカハゲミツスイ
 セミサンショウクイ。
121130-セミサンショウクイ
 キバタン。
121130-キバタン2
 ハシブトセンニョムシクイ?
121130-ハシブトセンニョムシクイ
 出発時刻が迫り、雨も降り始めましたが、何とかねばってナンヨウショウビン。
121130-ナンヨウショウビン2
 ナンヨウショウビンをもう一枚。最後にこの子が近くで見送ってくれました。
121130-ナンヨウショウビン3
 沢山の思い出を残して、感激の連続だった初の海外探鳥を終えました。

機 材 : SWAROVSKI STM-80HD + 25-50×W Zoom + 1 NIKKOR VR 10-30mm + Nikon 1 V1
     Panasonic DMC-GH2 + LUMIX G VARIO 100-300mm F4.0-5.6 手持ち
撮影地 : オーストラリア・ケアンズ 写真はクリックで大きくなります。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

ケアンズ探鳥三日目(その3)
 ケアンズ市街地にあるホテルにチェックインしてしばらく休憩した後、ホテルから海岸へ向かいながら、この日最後の探鳥です。あちらこちらで見かけながら、まともに写真を撮らせてくれなかったゴシキセイガイインコに街中で会えました。
121129-ゴシキセイガイインコ
 ハシブトゴイ。
121129-ハシブトゴイ
 ギンカモメ。
121129-ギンカモメ
 海岸沿いは砂浜ではなく干潟で、一段高い位置がずっと歩道になっており、干潟を見下ろす事ができます。シギ・チドリ類が近くで見られますが、ホウロクシギやオオメダイチドリ、キョウジョシギなど、日本でも見れる種類が多い。日本では見られない種として、シロガシラサギ。
121129-シロガシラサギ
 目とクチバシの赤色が印象的なカタアカチドリ。
121129-カタアカチドリ2
 沖合いに、家内が会いたかったコシグロペリカン。干潟に群れで居て近くで見れる事もあるそうですが、この日は遠方に1羽だけ。でもまあ、何とか見れて良かった。
121129-コシグロペリカン
 夕刻まで海岸で探鳥し、ホテルに戻りました。次回ケアンズ最終回、四日目の最終日に続きます。

機 材 : SWAROVSKI STM-80HD + 25-50×W Zoom + 1 NIKKOR VR 10-30mm + Nikon 1 V1
     Panasonic DMC-GH2 + LUMIX G VARIO 100-300mm F4.0-5.6 手持ち
撮影地 : オーストラリア・ケアンズ 写真はクリックで大きくなります。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真



プロフィール

ぎん

Author:ぎん
自宅から徒歩でも行ける河川敷を中心に、スコープを担いでの野鳥写真の撮り歩きに嵌っています。写真はクリックで少し大きくなります。更新は原則週末です。

鳥撮りの方針
・撮影のための餌付けはしない
・餌付け中現場での撮影はしない
・なるべく徒歩で、道路をはずれず
・鳥を追いかけるのは、ほどほどに
・珍鳥情報に踊らされない
・マナーを守って、楽しく探鳥



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する