鳥月亭
地元河川敷を中心に、季節の野鳥を紹介します。 天体関係の記事はリンクの「ベランダ観測所」に引っ越しました。
可変式ウエッジプリズム
 可変式ウエッジプリズムを自作しようと追加でプリズムを発注し、待っていた12/24に衝撃の発表が!っておおげさですが、ZWO社から可変式ウエッジプリズムが発売されるではないですか。しかも安い!通常価格でもプリズム2個分と同じくらい。今までも海外で発売されているのは知っていましたが、とても高価だったので、自作の価値ありと思っていたのですが・・・。
 年内予約ならさらに安かったので、もう買ってしまおうかなと悩んでいるうちに、プリズムが届いたので、やっぱり自作する事に。先輩諸兄がネットに公開しておられる情報では、Borgのパーツ[7362]、[7364]とKenkoのバリクロスを用いておられる方が多いようです。参考にさせていただいて(と言うか猿マネで)私も手持ちのBorgパーツの[7523]と[7522]、購入した52mmφのバリクロス、使用していないアイピースから借用した31.7mmφスリーブ、余りもののアイピースアダプター、ホームセンターで購入した穴の開いた金属板を使って組み立てたのが下の写真です。

 苦手の工作は[7523]と[7522]にM3のタップを4ヵ所ずつ計8ヶ所立てるだけとし、金属板を短いM3ネジで2枚ずつ[7523]と[7522]に固定し、バリクロスは[7523]に取り付け、長いM3ネジで間隔を調整して[7523]と[7522]を固定してあるだけの簡単なものです。Borgパーツにスペース的な余裕が余りないのでM3組み立てとしました。強度的に不安であればM4に変更するつもりですが、カメラとバローレンズくらいであれば、なんとかなるように思います。バリクロスは、先輩諸兄と同じくガラスをはずし、100均で買った艶消し黒のプラスチックトレーから切り抜いた1mm厚の円盤の中央にプリズムを固定しています。色々と情報を公開してくださっている、(見知らぬ)先輩諸兄に感謝!です。
 とりあえず組み立ててしまったので当分はこれを使ってみようと思いますが、これの使い勝手や、ZWO社製品の評判によっては、ZWOの方を買ってしまうかも知れません・・・。

テーマ:天体写真 - ジャンル:写真



プロフィール

ぎん

Author:ぎん
自宅から徒歩でも行ける河川敷を中心に、スコープを担いでの野鳥写真の撮り歩きに嵌っています。写真はクリックで少し大きくなります。更新は原則週末です。

鳥撮りの方針
・撮影のための餌付けはしない
・餌付け中現場での撮影はしない
・なるべく徒歩で、道路をはずれず
・鳥を追いかけるのは、ほどほどに
・珍鳥情報に踊らされない
・マナーを守って、楽しく探鳥



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する