鳥月亭
地元河川敷を中心に、季節の野鳥を紹介します。 天体関係の記事はリンクの「ベランダ観測所」に引っ越しました。
金星の太陽面通過
 6月6日の金星の太陽面通過、金環日食と同じく出勤を遅らせて最初の方だけ撮影しましたので、記録に残しておきます。
 当日朝、当地大阪枚方は曇っていて、肝心の第一接触は全く見れず、7:23頃、雲を通してなんとか太陽が少しだけ顔を見せました。GH2+100-300mmで、ノーフィルターで手持ち撮影。テレ端からトリミングで、換算1400mmくらいの画角。左端に金星が見えます。この後再び雲が厚くなり、第二接触も見れませんでした。
120606-072320
 しかししばらくすると急激に雲が去って晴れ、7:36頃にはND100000装着のデジスコで撮影可能に。金環日食と同じ換算約2300mmの画角です。
120606-073632
 上とほぼ同時刻、ズームで換算約3800mmにup。大気の揺らぎの影響で、金星の形が歪に見えます。
120606-073608
 7:45頃。
120606-074518
 8:00頃。また雲が流れてきて、結構晴れたり曇ったりになりました。
120606-080014
 8:32頃。
120606-083208
 第一、第二接触が見れなかったので、第三、第四接触を見たかったのですが、午後までかかって出社できなくなるので、以上であきらめて終了としました。もう30分早く晴れてくれていたらと、少し残念でしたが、前回の金星の太陽面通過は天気が悪くて全く見れなかったように記憶していますし、生きている間には二度と起きない現象なので、一応見れてラッキーでした。

機 材 : Leica Apo-Televid62 + 16-48×Zoom + Panasonic DMC-LX3
撮影地 : 自宅 写真はクリックで大きくなります。

テーマ:日食・月食 - ジャンル:写真

改めて金環日食
 いまさらという感じがしないでもないですが、月曜日の金環日食の写真、少しまとめたので、掲載して記録に残しておきます。機材はスコープ倍率40倍のデジスコ、カメラ側換算48mmなので、換算1920mm、そこから少しトリミングしていますので、換算2300mm程度の画角となります。58mm径のND100000フィルターで減光しました。
 当日天気は曇りそうな予報でしたが、食開始前は結構良く晴れていました。1枚目は日食前の6:15頃の撮影。ピントはMFで予め合わせておき固定。露出も試写結果より、ほぼ1/800に固定。WBも固定しておくべきでしたが、うっかりしてAWBで撮影してしまいました。
120521-0615
 上の写真をトリミングで拡大。黒点(群)が3つ見えます。ピントはOKのようです。
120521-0615-2
 当地、大阪枚方での食開始予報時刻は、6:17:19。次の写真は6:18頃の撮影。予報どおり、右上が僅かに欠け始めています。カメラの時計は会わせ直しはしましたが、1秒単位で会っているか自信はないので、「頃」としておます。
120521-0618
 6:30頃の撮影。一番右上にあった黒点群が月に隠されつつあります。
120521-0630
 6:46頃の撮影。二番目の、最も大きく見えていた黒点群も隠されつつあります。
120521-0646
 トリミングで拡大すると、こんな感じ。
120521-0646-2
 7:20頃の撮影。食はかなり進んで、最後の黒点も隠されつつあります。この頃から時々雲が太陽の前を通り過ぎるようになり、金環時が心配されました。
120521-0720
 カメラの記録は7:28:49となっていました。金環開始の予報時刻は7:28:55なので、直前です。
120521-072850
 カメラの記録は7:29:13。金環になっている時刻ですが、なんとも言えない感じです。
120521-072910
 トリミングで拡大してみました。こういうのを、ベイリービーズと呼ぶのでしょうか?
120521-072910-2
 カメラの記録は7:29:54。枚方での最大の予報時刻は7:30:08なので、最もリングに近い頃です。この直後から、雲が次々と太陽の前を通り過ぎるようになりました。
120521-0730
 カメラの記録は7:31:03。金環終了の予報時刻は7:31:21なので、その直前です。部分的にうす雲がかかっているのですが・・・またベイリービーズらしきものが見えます。
120521-0731
 金環終了直後の時刻は雲で撮影できず、次の写真は、一瞬雲から抜けた7:32:16頃の撮影。金環は予報どおり終了していました。
120521-073220
 7:38頃の撮影。一番右上にあった黒点群が、食から出つつあります。この写真の後、次々と雲が通過して、NDフィルターをつけたままのデジスコでは、まともに撮影できなくなりました。
120521-0738
 8時頃、手持ちのGH2+100-300mmで、フィルターなしで雲の中の太陽を撮影。
120521-0800
 8:11頃の撮影。雲から抜けました。この後も、時々雲がかかる事もありましたが、全般的には晴れに戻りました。
120521-0811
 8:34頃の撮影。最後の黒点も見えるようになりました。
120521-0834
 8:54頃の撮影。左下が僅かに欠けています。終了予報は8:54:45です。
120521-0854
 8:55頃の撮影。予報どおり食は終了しました。
120521-0855
 金環の途中から雲に悩まされましたが、全般的には晴れて、ほぼ全経過を見ることが出来、なかなか感動的でした。しかしネットに掲載されている写真を見ると、雲を通して撮影された写真の方が、雰囲気があって良いような感じもしましたネ。

機 材 : Leica Apo-Televid62 + 16-48×Zoom + Panasonic DMC-LX3
撮影地 : 自宅 写真はクリックで大きくなります。

テーマ:日食・月食 - ジャンル:写真

金環日食
 今朝の日食の写真。出勤を遅らせて撮影しましたが、整理する時間がないので、とりあえず1コマのみ掲載。7時30分頃の撮影で、自宅周辺では最もリングに近い時刻と思います。欠け始めからこのコマまでは、ほぼ晴れていましたが、この後結構雲がかかる時間帯もあり、金環の終わりは撮影できませんでした。
120521-01
週末に整理して、もう少し写真を追加したいと思います。

機 材 : Leica Apo-Televid62 + 16-48×Zoom + Panasonic DMC-LX3
撮影地 : 自宅 写真はクリックで大きくなります。

テーマ:日食・月食 - ジャンル:写真

今日の太陽面
 今朝の撮影。良いお天気でした。コントラストとシャープネスを高めにしてみました。
120519-01
金環日食も明後日に迫りましたが、残念ながら今朝のようには晴れてくれないようです。

機 材 : Leica Apo-Televid62 + 16-48×Zoom + Panasonic DMC-LX3
撮影地 : 自宅 写真はクリックで大きくなります。

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

太陽と黒点
 今朝の撮影。金環日食の日が近づいてきたので、太陽の試写を行いました。デジスコで撮影する予定ですが、入手したフィルター径が58mmなので、スコープは Leica Apo-Televid62 とし、カメラは LX3 としました。太陽全景。ピント合わせが案外難しいです。
120513-01
 ズームとトリミングで黒点部分の拡大。黒点のコントラストではAFで合わせるのは無理で、MFで合わせました。あらかじめMFで合わせて、ピントは固定しておくのが良さそうです。
120513-02
しかし天気予報では、当日のお天気、あんまり良くなさそうです。どうなるかなぁ・・・。

機 材 : Leica Apo-Televid62 + 16-48×Zoom + Panasonic DMC-LX3
撮影地 : 自宅 写真はクリックで大きくなります。

テーマ:星の写真 - ジャンル:写真



プロフィール

ぎん

Author:ぎん
自宅から徒歩でも行ける河川敷を中心に、スコープを担いでの野鳥写真の撮り歩きに嵌っています。写真はクリックで少し大きくなります。更新は原則週末です。

鳥撮りの方針
・撮影のための餌付けはしない
・餌付け中現場での撮影はしない
・なるべく徒歩で、道路をはずれず
・鳥を追いかけるのは、ほどほどに
・珍鳥情報に踊らされない
・マナーを守って、楽しく探鳥



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する