鳥月亭
地元河川敷を中心に、季節の野鳥を紹介します。 天体関係の記事はリンクの「ベランダ観測所」に引っ越しました。
アマミヤマシギ/南の島にて -5
 5番手はアマミヤマシギさん。奄美大島にはアマミ○○や、リュウキュウ○○という名前の鳥さんが多く、亜種である事が多いのですが、アマミヤマシギさんはヤマシギさんとは別種。奄美大島周辺だけに生息する、日本固有のとても貴重な鳥さんです。
PL080812-23
 夜行性のようで、リュウキュウアカショウビンさんと同じく夜間、道路わきに出てきたのをライトを照らしての撮影です。
PL080812-21
 しかしこの子はこちらを気にする様子が全くなく、至近距離で撮影できました。
PL080812-22
 でも、希少な鳥さんだけに、もうちょっと警戒心が強いほうが良いんじゃない、と思わずにはいられませんでした。

機 材 : OLYMPUS E-510 + ZUIKO ED 50-200mm F2.8-3.5SWD + EC-14 手持ち

撮影地 : 奄美大島 写真はクリックで大きく(800×600)なります。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

この記事に対するコメント

素晴らしい写真の数々・・・まだ在庫があるなんて信じられません(^^ゞ
沖縄遠征、常々行ってみたいと思ってたんですが、来年あたりかな。
これって鳥見のツアーかなんかで行かれたんですか??
【2008/08/17 10:07】 URL | mitsu #- [ 編集]

mitsuさん
 いきなり奄美に行っても(と言っても奄美に行くのは2回目ではあるのですが、前回は鳥に興味のない頃に行きましたので)、なかなか珍しい鳥さんは見つけられないでしょうから、有名なY社の個人型ツアーに家内と2人で参加しただけの事です。割高にはなりますが、現地のガイド講師さんが私達の専属で案内してくれますので、鳥は見やすいです(撮影はまた別ですが)。特に夜間はハブが恐いですしね。
 私達は申し込みが簡単なので、Y社まかせで2泊3日のコースで探鳥しましたが、安価にしたいのなら、飛行機とホテルは自分で探して、1日だけとか、夜だけとか、ガイド講師さんに案内してもらい、あとは自分で探鳥する事も可能と思います。
【2008/08/17 18:04】 URL | ぎん #mQop/nM. [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://chougetsutei.blog82.fc2.com/tb.php/194-2b877a4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ぎん

Author:ぎん
自宅から徒歩でも行ける河川敷を中心に、スコープを担いでの野鳥写真の撮り歩きに嵌っています。写真はクリックで少し大きくなります。更新は原則週末です。

鳥撮りの方針
・撮影のための餌付けはしない
・餌付け中現場での撮影はしない
・なるべく徒歩で、道路をはずれず
・鳥を追いかけるのは、ほどほどに
・珍鳥情報に踊らされない
・マナーを守って、楽しく探鳥



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する