鳥月亭
地元河川敷を中心に、季節の野鳥を紹介します。 天体関係の記事はリンクの「ベランダ観測所」に引っ越しました。
ベニマシコ / LX3デジスコ試写
 今日も昨日同様地元河川敷を歩きました。ハイタカが近くを飛んだのを見たのと、ホオアカやオオジュリンを見ましたが、写真は撮れず、昨日同様やや寂しい結果に終わりました。
 さて現在デジスコで主に使っているデジカメ、PanaのDMC-FX150が、使用開始後1年半ほど経って、青空など写したときにゴミが写りこむようになってきたので、スコープも新しくした事だし、買い換えることにしました。最初はもう一台FX150を買おうかなとも思ったのですが、それも面白くないので、新機種発表の噂も流れて安くなってきた同じPanaのコンデジのフラッグシップ機、DMC-LX3を入手しました。
 LX3は換算24mm-60mmのワイド側に寄った2.5倍ズーム機で、ワイド端では当然けられますし、ズームアップするほどレンズ鏡筒が縮むようになっていて、デジスコには不向きでした。しかし昨年のファームアップでズーム位置メモリー機能が追加されたため、使える可能性が生まれました。実際に試してみると、換算33mm程度にズームアップしておけば、33-60mmの範囲内で、スコープ側の倍率25-50×の全域で、ほぼけられなく使用できる事がわかりました(スコープとの接続には、純正のレンズアダプターDMW-LA4では長すぎて使えず、多少の工夫は必要です)。結果、私のシステムでは換算800-3000mmの範囲で使用可能でした。40倍固定でも換算約1200~2400mmとなります。FX150の時のテレ端換算5000mmと比べると少し迫力不足の感はありますが、実際には換算5000mmといった条件では、まず綺麗には写せないので、実用上は問題ないと思います。
 早速、昨日今日とフィールドに持ち出してテストしてみました。比較モデルはベニマシコさん。まずFX150から。2倍トリミング後リサイズ。レタッチは明るさ補正のみ実施。
100327-01
 カメラをLX3に交換。その間にモデルさんは移動してしまい、直後の撮影ながら同一条件とは言えなくなってしまいましたが、距離はやや遠い程度です。FX150と同じく、2倍トリミング後リサイズ。レタッチは明るさ補正のみ実施。ISOをAUTOにしていたら80での撮影になりました。
100327-03
 ほぼ同じ場所で、スコープの倍率を下げてLX3でもう一枚。
100327-04
 うーん、同じメーカーのカメラだけあって大きな差は感じないです。まあ差がないのであれば連写が早かったり多機能な分、LX3の方が良い事になりますが・・・。以下LX3の作例。トリミング、レタッチしています。モズさん。
100327-07
 ちょっと遠目の例でカワアイサ♀さん。距離の割には、結構写っているかな?
100327-06
 ISO200の例でツグミさん。
100327-08
 まあ普通には使えますが、どうかなぁ。もう少し使い込んでみます。

機 材 : SWAROVSKI STM-80HD + 25-50×W Zoom + Panasonic DMC-FX150 or DMC-LX3
撮影地 : 地元河川敷 写真はクリックで大きく(800×600)なります。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://chougetsutei.blog82.fc2.com/tb.php/392-e80b7b38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ぎん

Author:ぎん
自宅から徒歩でも行ける河川敷を中心に、スコープを担いでの野鳥写真の撮り歩きに嵌っています。写真はクリックで少し大きくなります。更新は原則週末です。

鳥撮りの方針
・撮影のための餌付けはしない
・餌付け中現場での撮影はしない
・なるべく徒歩で、道路をはずれず
・鳥を追いかけるのは、ほどほどに
・珍鳥情報に踊らされない
・マナーを守って、楽しく探鳥



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する