鳥月亭
地元河川敷を中心に、季節の野鳥を紹介します。 天体関係の記事はリンクの「ベランダ観測所」に引っ越しました。
デジスコで木星
 このところ、宵の東の空に木星が明るく輝いています。以前は天体望遠鏡でよく撮ったのですが、最近は重い望遠鏡を出すのが面倒に感じて・・・で、昨夜ですが、いつもの鳥撮りデジスコで挑戦してみました。少しブレてますが、まずは長めの露出で木星と、双眼鏡でも見えるガリレオ衛星を撮影。右端の明るい楕円が木星。その左側の光点3個と、左端の1個がガリレオ衛星。衛星が写る露光では木星本体は明るくとんでしまいます。
100911-01
 次は木星を撮影。拡大率を上げるためにピクセル等倍切り出し。それでもやっぱり木星は小さいです。上を北にしています。露出不足だったのを明るくしたのでノイズが目立ちますが、一番濃いベルトのNEBは、なんとか分かります。もう1本、赤道をはさんだ南側のSEBは、今シーズンは淡化して見えなくなっているそうです。
100911-02
 次は静止画40コマをREGISTAXでコンポジット合成。ノイズは減って、少し見やすくなりました。これなら大赤斑が見える位置であれば、なんとか確認できそうです。追尾撮影ではないので、静止画連写では、これ以上コマ数を稼ぐのは難しそうです。
100911-03
 比較のため、2004年2月に天体望遠鏡(口径22.5cm)で撮影した木星を掲載。ビデオで撮影して、数百コマをREGISTAXでコンポジット合成したものです。大赤斑が中央やや下に見えています。口径差(デジスコは8cm)は非常に大きいですし、追尾の有無も大きいですが、やはりビデオ撮影がコマ数が稼げて良いですね。しかしLX3の動画撮影は自由度が少なく、露出オーバーになってしまいます。
100911-04
 小口径、自動追尾なしのデジスコでの惑星撮影は、やはり少し無理があるようですが、手軽さは一番。また機会があれば、狙ってみようと思います。

機 材 : 1-3コマ目、SWAROVSKI STM-80HD + 25-50×W Zoom + Panasonic DMC-LX3 
撮影地 : 自宅 写真はクリックしても大きくなりません。


テーマ:月と星の写真 - ジャンル:写真

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://chougetsutei.blog82.fc2.com/tb.php/439-0fba520f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ぎん

Author:ぎん
自宅から徒歩でも行ける河川敷を中心に、スコープを担いでの野鳥写真の撮り歩きに嵌っています。写真はクリックで少し大きくなります。更新は原則週末です。

鳥撮りの方針
・撮影のための餌付けはしない
・餌付け中現場での撮影はしない
・なるべく徒歩で、道路をはずれず
・鳥を追いかけるのは、ほどほどに
・珍鳥情報に踊らされない
・マナーを守って、楽しく探鳥



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する