鳥月亭
地元河川敷を中心に、季節の野鳥を紹介します。 天体関係の記事はリンクの「ベランダ観測所」に引っ越しました。
DMC-GM1デジスコ試写
 GM1を早速デジスコで試用してみる事にしました。レンズはSIGMAの30mmF2.8DNを用い、SWAROの25-50倍ズームとの組み合わせで、換算1500mmF9.4~3000mmF18.8となります。下の写真は左がGM1、右がXF1。写真では分かり難いですが、ボディの幅も高さもGM1の方が小さいです。SIGMAの30mmF2.8もコンパクトなレンズですが、GM1が小さいので、レンズにボディが付いている感じです。
131330-09.jpg
 センサーサイズが大きいと、どうしてもF値が暗くなってしまうので、今回は換算1500mmのみで撮影。土曜日の昼頃からいつもの河川敷へ出かけました。が、鳥さん、いません。仕方なく1st shotはアオサギさん。リサイズのみ。 
131330-03.jpg
 ところでGM1は、SS1/500以下では電子シャッターと電子先幕の二種類のシャッター方式が選べます(1/500を超えると電子シャッターのみ)。電子シャッターだと無振動撮影となりますが、走査時間は1/25秒程度なようで、激遅ではないものの、Nikon1に比べると遅く、ローリングシャッター歪が出る可能性があります。一方電子先幕だと無振動にはならないはずですが、GM1のシャッターは非常に静かなので、シャッターショックの影響は、ほとんどない事が期待できます。上の写真は電子先幕での撮影。これからピクセル等倍で切り出したものが下の写真です。
131330-04.jpg
 さて河川敷の通行止めは相変わらずで、なかなか鳥さんに会えません。ようやくツグミさんを見つけて、逆光ぎみで暗く見えていましたが、電子先幕で撮影。下の写真はリサイズのみ。
131330-07.jpg
 上の写真のピクセル等倍切り出し。逆光なのでコントラスト低いですが、iDレンジコントロールを弱に設定していたおかげで、それなりに写ったかな、と思います。
131330-05.jpg
 この子は少しゆっくりしてくれたので、逆光で条件は悪かったですが、電子シャッターでも撮影。電子先幕と差がないように思いますが、どうでしょうか。
131330-06.jpg
 ここから後は電子先幕による自由作例。適当にトリミング、リサイズ、レタッチしています。上のツグミさんの写真。
131330-10.jpg
 カワアイサ♂。距離は計り忘れましたが、淀川なので、当然100m以上です。カワアイサ♂は頭部と胴体部の明暗さが大きく、なかなか色が出てくれない、撮り難い鳥さんです。この写真でも胴体は白くとんでしまいましたが、頭部は結構良い感じと思います。
131330-11.jpg
 カワセミ。距離は20mくらいでした。
131330-12.jpg
 その他使用上の感想としては、AFは速いですし、連写もJPEGであれば秒4コマでAF追従で無限連写できますし、液晶も見やすいですし、MF時のフォーカス・ピーキングも使えそうです。デジスコ用のカメラは、撮像素子が大き過ぎるのは駄目と思っていましたし、今回は良い写真が撮れたとは言えませんが、GM1、デジスコ用としても結構いけそうです。

機 材 : SWAROVSKI STM-80HD + 25-50×W Zoom + SIGMA30mmF2.8DN + DMC-GM1
撮影地 : 地元河川敷 写真はクリックで大きくなります。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://chougetsutei.blog82.fc2.com/tb.php/732-8fa0c2ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ぎん

Author:ぎん
自宅から徒歩でも行ける河川敷を中心に、スコープを担いでの野鳥写真の撮り歩きに嵌っています。写真はクリックで少し大きくなります。更新は原則週末です。

鳥撮りの方針
・撮影のための餌付けはしない
・餌付け中現場での撮影はしない
・なるべく徒歩で、道路をはずれず
・鳥を追いかけるのは、ほどほどに
・珍鳥情報に踊らされない
・マナーを守って、楽しく探鳥



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する