鳥月亭
地元河川敷を中心に、季節の野鳥を紹介します。 天体関係の記事はリンクの「ベランダ観測所」に引っ越しました。
台北探鳥(その2) 三日目前半 芝山岩公園
 台北三日目、この日は終日自由行動なので、出来るだけ鳥見をする事にしました。日本にいる時から、ヤマムスメは見たいねと家内と話していたので、見れそうな場所を少し調べると、市街地にも来てくれる事もあるようですが、少し山あいに入った方が会える確率が高いようです。それで陽明山も考えましたが、結局MRTだけで行ける、麓の芝山岩公園に行くことに決めました。とはいえ、芝山岩公園はMRT芝山駅の東1kmほどの場所いある、以外の情報はありませんが・・・。
 朝6時、まだ暗いうちにホテルを出発し、最寄の台北駅から淡水線で綺麗な夜明けを眺めながら7つ目の芝山駅へ。駅から公園へは徒歩10分ほどですが、案内表示もあり、電線にとまるタイワンオナガなど見ながら、朝7時、迷うことなく公園西南角の入り口に着きました。
 芝山岩公園は、山というより小さな丘程度の規模ですが、木も良く茂って、期待が持てそうです。その入り口での出迎えは、またまたズグロミゾゴイさん。この子も近寄っても逃げません。

 さて公園を登り始めます。最初は石段ですが、勾配は緩やか。遊歩道も良く整備されていて歩きやすく、町並みを見渡せる広場もありました。しかし肝心の鳥さんの方は、緑が濃くて、声ばかり。なかなか姿を捉えられません。何とか初見・初撮りのクロヒヨドリさんだけは撮影。
141231-02.jpg
 早朝というのに歩いている人も多く、結局他にはメジロやゴイサギを見たぐらいで、南半分をぐるっと回って、元の入り口へ戻ってしまいました。ところがここで、何とゴシキチョウに出会いました。残念ながら、はっきりお顔を写せないまま、飛ばれてしまいましたけど・・・。
141231-03.jpg
 これで気を良くして、今度は公園の裾を、まだ見ていない北側へ向かって時計回りに歩きます。その途中で、タイワンオナガが良い位置に・・・肝心の尾が写っていませんけど・・・。
141231-04.jpg
 しばらく歩くと、芝山文化生態緑園という施設の入り口に着きました。ここは有料ですが、園内には池があり、入り口の看板には野鳥の絵もかかっていて、入る事に。しかし9時の開園まで1時間ほどあったので、再び北側から山に登ります。夜が明けてしばらくたって、鳥の声はいっそう賑やかになり、山頂?付近でタイワンオナガの群れに出会いました。この子が結構良い声で囀ります。
141231-05.jpg
 同じ場所で少し待っていると、ヒメマルハシらしき鳥さんが・・・。
141231-06.jpg
 さらにクロエリヒタキさん。ブルーがとても綺麗です。どちらももちろん、初見・初撮り。この日はデジスコも持ち歩いていましたが、遊歩道でよく人が通るので、三脚を立てるのが憚られ、GX7+100-300mmのみで、大きく撮ることが出来ないのが残念でした。
141231-07.jpg
  他にも鳥さんがいたように思いますが、逆光だったりで確認できず、9時になったので、芝山文化生態緑園の入り口に戻ると、ここで園内の木にヤマムスメが・・・。興奮して園内に入ります。
141231-08.jpg
 さほど広くない園内ですが、最初はヤマムスメに会えません。ここでは、売店のおばさんとの筆談でのエピソードや、最初は中国語で話しかけてこられた現地のご夫婦(親子?)との片言英会話のエピソードなどがありましたが、長くなるので省略。結果的には、このご夫婦?のおかげで、ヤマムスメに会えました。
141231-09.jpg
 実は園内には、いろんな鳥が飼われている場所があり、その鳥達への給餌のおこぼれを狙って、野鳥のヤマムスメ達も来ていたのでした。美しい鳥さんですが、行動はカラスに似ていて、やや野鳥味の少ない出会いとなりました。 
141231-10.jpg
 しかし会えないよりは、はるかに良いし、また台湾に会いにくる動機になります。一応満足して、ご夫婦?に挨拶し、10時、芝山岩公園を後にしました。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://chougetsutei.blog82.fc2.com/tb.php/809-72847fc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ぎん

Author:ぎん
自宅から徒歩でも行ける河川敷を中心に、スコープを担いでの野鳥写真の撮り歩きに嵌っています。写真はクリックで少し大きくなります。更新は原則週末です。

鳥撮りの方針
・撮影のための餌付けはしない
・餌付け中現場での撮影はしない
・なるべく徒歩で、道路をはずれず
・鳥を追いかけるのは、ほどほどに
・珍鳥情報に踊らされない
・マナーを守って、楽しく探鳥



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する